訪問看護

高齢化社会となっている現代、ニーズに合せて医療も変化してきています。そんな変化の中で最近では訪問看護が注目されています。訪
問看護を行うのは訪問看護師自身が行う訪問看護サービス、訪問看護部門を設けている医療機関、そして自費で訪問看護サービスを提供している一般企業などです。どれも訪問看護師としてスキルも熱意もある人たちで運営されているので、安心です。そもそも訪問看護とは一体何なのかというと、看護師などが患者の自宅を訪問して看護処置を行うことです。その患者の主治医やかかりつけの病院などと連携して行います。また、看護師だけでなく、必要に応じて保健師や助産師、理学療法士や作業療法士なども同行する場合もあります。病気で障がいがあったり、医療機器を使用しなければならない状態で自宅にいても、看護だけでなく介護が必要である人も利用できます。また、それは乳幼児から高齢者まで幅広く利用できるサービスなのです。看護内容は病院にかかるときと同じく、健康状態のチェック、日常生活の看護に加えて精神的なケアから認知症のリハビリ、身体的なリハビリも行います。また、患者本人だけでなく普段看護、介護をしている周りの家族の相談などにも乗ってくれます。このようにとても便利なサービスですが、看護師側、サービスを提供する側はとても大変な仕事でもあります。患者の自宅に訪問するということで診察に必要な情報はたくさん得ることが出来ますが、患者との信頼関係がとても大事になるので細心の注意を払わなければなりません。しかし、とてもやりがいのある素敵な仕事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website