経験はキャリアアップ大

手術看護の分野に特化された手術看護認定看護師は、日本看護協会の認定による資格です。周手術期の患者に対しての質の高い看護の提供を目指しての資格です。
医療現場での役割は、実践、指導、相談があります。
実践とは、手術前の患者の不安や緊張を和らげるために、患者の状態を把握して、手術中の看護にも活かせるようなサポートを行います。手術の合併症を防ぐために、皮膚や排泄ケアなどを認定看護師と連携しながら、体圧測定や小枕の作成、皮膚・神経損傷予防策に努めます。
また、指導とは、手術体位や、皮膚・神経損傷予防方法、体温管理の方法などを指導、手術室のスタッフの勉強会などを行います。
相談とは、手術スタッフからの相談に解決方法を一緒に考えます。
東京女子医科大学看護学部・認定看護師教育センターでの、6ヶ月以上の連続した教育を受けることが必要で、更に、保健師、助産師、看護師の資格取得後に、実践研修が5年以上、通算3年以上の手術看護の実績、手術看護において器械出し、外回り看護師の実績、現在、手術看護部門で勤務していることが条件で、認定看護師が受験できます。
手術室の看護師の役割は①器械出し・器機整理。②外回りがあります。
手術前には、患者に声をかけて、不安の解消をします。患者が子供であったり、老人であったりの場合には、コミュニケーション力も重要です。
①器械出し・器機整理(直接介助)とは、手術中の医師に手術に必要な器械を必要な時に手渡すこと。手術で使用する器械をセットしたり、使用後の器械の洗浄滅菌や、器械の整理整頓などがあります。
その前には、患者の病気の状態や、手術の手順などを把握する必要があります。手術が順調に進むための心配りは、成功への一つの重要な事項になります。
②外回り(間接介助)とは、患者の体温を調節したり、手術体位を、筋肉や神経を圧迫しないようにしたり、手術の進行に配慮しての、麻酔の薬を整えたり、麻酔科に渡したり、手術中の出血量の測定をして、それによっては、輸血の準備をしたり、記録をとったりがあります。
手術室の看護師は、執刀医や介助医、麻酔科医、MEなどとの連携をとるための
コミュニケーション力が重要で、状況の把握に努め、執刀医が手術をスムーズに進められる為のサポートは重要項目になります。極度な緊張感のなかでの仕事は、大変さも大きいですが、その経験はキャリアアップも大きいです。精神的にも体力的にもタフさが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website